コーヒーbreak

スポンサーリンク

コーヒーbreak

コーヒーbreak

最近の私のコーヒー事情といえばもっぱら缶コーヒーばかり
つい10年くらい前まではカフェを営んでいたので美味しいコーヒーが目の前に沢山あった。
本当は自分で淹れるハンドドリップのコーヒーが一番好きかな?

そんな事もあり今日は少しコーヒーの事を語ってみたいと思います。

一緒にコーヒーbreakしましょう。

"</p

 

コーヒーの歴史

コーヒーの起源は、エチオピアとされています。
15世紀頃、エチオピアの山羊飼いが、ヤギがコーヒーの実を食べた後、活発に動き回る様子に気付いたことが始まりと言われています。

コーヒーの実を煎って、その抽出液を飲み始めたのは、15世紀後半のイスラムの僧侶たちでした。
長時間、祈りをささげる僧侶たちに眠気覚ましとして、活力を生み出す飲み物として愛飲されていました。

16世紀になると、コーヒーはエチオピアからイエメンに伝わり、そこで栽培されるようになりイエメンからコーヒーは、アラビア半島、北アフリカ、トルコ、そしてヨーロッパへと伝わっていきます。



17世紀になると、コーヒーはヨーロッパで大流行し、コーヒーハウスが数多く開業しました。
コーヒーハウスは、人々が集まって情報交換や議論をする場所として
重要な役割を果たしました。

"</p

当時のたまり場にはコーヒは必要不可欠な飲み物だったようです。

18世紀になると、コーヒーはアメリカ大陸にも伝わり
ヨーロッパからの移民によって栽培されるようになります。

アメリカ独立戦争後には、コーヒーはアメリカで最も人気のあるポピュラーな飲み物になりました。

19世紀になると、コーヒーは世界中に伝播し、現在では世界中で愛飲されている飲み物となりました。

因みに日本へはいつ頃コーヒーが入ってきたのでしょうか?

日本のコーヒー事情

コーヒーが日本に伝わったのは、江戸時代初期の1640年代頃とされています。
当時、長崎出島に駐在していたオランダ人商人によって、コーヒーがもたらされました。しかし、当時の日本は鎖国中であったため
コーヒーを飲むことができるのは、オランダ人商人と接触する機会のある限られた人々だけでした。

明治時代に日本が開国すると、コーヒーは一般の人々にも広く飲まれるようになり
1888年には、日本で初めてのコーヒー店「可否茶館」が東京に開店しました。
可否茶館は、当時の文豪や政治家などの文化人が集う場所として、人気を博しました。

"</p

昭和時代には、コーヒーの消費量が急増しました。
これは、戦後の経済成長に伴って、人々の生活水準が向上したことが原因です。
また、アメリカ文化の影響もあって、コーヒーは若者を中心に人気が高まりました。

世界のコーヒー

コーヒー豆の生産量は、ブラジル、ベトナム、コロンビア、インドネシア、エチオピア、ホンジュラスがトップ6となっています。

豆の消費量は、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、オランダがトップ5です。

コーヒーは様々な飲み方を楽しむことができる飲み物です。
ドリップコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノなどで楽しむことが出来ます。

コーヒーは、朝食や休憩時間、仕事の合間に飲まれることが多いです。

コーヒーには、カフェインが含まれているため、覚醒作用があります。
また、抗酸化作用や脂肪燃焼作用があると言われています。
コーヒーは、健康に良い飲み物として、世界中で愛飲されています。

ですがいくら体に良いからと言って飲み過ぎには注意が必要です。

コーヒーのメリット・デメリット

コーヒーには、様々なメリットとデメリットがあります。

メリット

  1. 覚醒作用
  2. 利尿作用
  3. 脂肪燃焼作用
  4. 抗酸化作用
  5. 糖尿病予防
  6. 肝臓病予防
  7. 心臓病予防
  8. アルツハイマー病予防
  9. パーキンソン病予防
  10. 老化防止

デメリット

  1. カフェイン依存症
  2. 不眠症
  3. 胃酸過多
  4. 下痢
  5. 吐き気
  6. 嘔吐
  7. 頻尿
  8. 高血圧
  9. 骨粗鬆症
  10. 流産リスク上昇

コーヒーは、適量であれば健康に良い飲み物ですが、飲み過ぎるとデメリットが生じる可能性があります。
1日3〜4杯程度のコーヒーを飲むのが一般的に健康に良いとされています。

種類

コーヒー豆は、大きく分けて3種類あります。

  • アラビカ種
  • ロブスタ種
  • リベリカ種

アラビカ種は、コーヒー豆の中で最も品質が良く、香りが高いのが特徴です。
ロブスタ種は、アラビカ種に比べて酸味や苦味が少なく、価格が安いのが特徴です。リベリカ種は、アラビカ種やロブスタ種に比べて品質が低く、酸味や苦味が多いのが特徴です。

焙煎度合い

コーヒー豆の焙煎度合いによって、味や香りが異なります。

  • 浅煎り
  • 中煎り
  • 深煎り

浅煎りのコーヒーは、酸味と香りが強いのが特徴です。中煎りのコーヒーは、酸味と苦味のバランスが良いのが特徴です。
深煎りのコーヒーは、苦味が強く、コクがあるのが特徴です。

淹れ方

コーヒーの淹れ方には、様々な方法があります。

 

  • ドリップコーヒー
  • エスプレッソ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • アイスコーヒー

抽出方

ドリップコーヒーは、最も一般的なコーヒーの淹れ方です。
コーヒー粉をペーパーフィルターに入れ、お湯を注いで抽出します。
エスプレッソは、コーヒー豆を高圧で抽出した濃縮コーヒーです。
エスプレッソマシーンは皆さんご存知だと思います。
"カフェラテは、エスプレッソにミルクとミルクフォームを加えたコーヒーです。<brカプチーノは、カフェラテにミルクフォームをさらに多く加えたコーヒーです。
アイスコーヒーは、ドリップコーヒーやエスプレッソを冷やして飲むコーヒーです。

"</p

コーヒーは、様々な種類があり、淹れ方によっても味や香りが異なります。自分の好みに合わせて、コーヒーを楽しむことができます。

最後にコーヒーを飲みながら何か食べたい!そんな時もあると思います。
そんな時はこちらのご覧下さい。

コーヒーのお供

コーヒーは、様々な食べ物と相性が良い飲み物です。ここでは、コーヒーに合う食べ物18選をご紹介します。

  • 甘い物
    • チョコレート
    • バナナ
    • マフィン
    • スコーン
    • ケーキ
    • ドーナツ
    • プリン
    • アイスクリーム
    • フルーツ
  • しょっぱい物
    • パン
    • ベーグル
    • クロワッサン
    • サンドイッチ
    • パスタ
    • ピザ
    • チーズ
    • おにぎり
    • 卵焼き
  • その他
    • ナッツ
    • ドライフルーツ
    • ヨーグルト
    • チーズ
    • サラダ

コーヒーの種類によって、合う食べ物は異なります。例えば、酸味の強いコーヒーには、甘い食べ物がよく合います。
逆に、苦味の強いコーヒーには、しょっぱい食べ物がよく合います。
また、コーヒーの濃さによっても、合う食べ物は異なります。
濃いコーヒーには、濃厚な食べ物がよく合います。
逆に、薄いコーヒーには、さっぱりした食べ物がよく合います。

おにぎりに合うとはちょっと驚きでした(笑)

コーヒーと食べ物を組み合わせて、自分好みの組み合わせを見つけるのも楽しいと思います。



 
"</a

 

ホームへ戻る
"</a

デザイナーがデザインするアパレル商品
"</a

伊勢丹セレクト
日々の生活
シェアする
スポンサーリンク
諒設計アーキテクトラーニング
タカラトミーモール

タカラトミーモール

色違いの靴下
PAGE TOP