精神的問題

スポンサーリンク

責任転換

精神的問題

精神的問題

誰が悪いわけじゃない

日々の行動全て自分の責任なのは、大人なら誰でも知っている

知っていてもそれを実行できないのも大人である

なにかあるとその何かを他人のせいにしたくなるのが人間

自分が病気になってしまってもアイツが悪いと言い出すかもしれない

お店を営んでる人が物が売れないのは自分のせいではなく買わない人が悪い

お金がないのも自分の責任なのに世の中が悪いと考えてしまい愚痴をこぼす。

これも自分勝手な自分自身をコントロール出来ない人の思考ではないのかな?

 

人間って一体何なんだろう?

 

足りない怖さ

常にお金が足りない人がいる

仕事を全くした事がない人じゃない限り

人は労働をすると必ずサラリーを頂ける

では、自営業の場合はどうだろうか?

精神的問題

仕事をしても生産性の上がる事をしなければ

おまんまの食い上げである。

そんな事を繰り返していたら精神的な弱さが出てくる人もいる

最終的に人の精神的ダメージは精神を追い詰め

足りないという1つの物しか追えなくなる傾向があるそうだ

 

私は月に1度や2度くらいは人間を辞めようと思う時がある

この世から居なくなりたい

足りないという現実に追いかけられてるからなのか

何の苦労もなく穏やかに生きていきたいと常々考えている

でも神様はそうはしてくれない

一難去ったらまた一難の問題を提起してくる

まるで夏休みにやった学習ドリルだ

生きて行くのは本当に苦痛だし疲労もする

お金の心配さえ無ければどれだけ精神が楽になる事か

その考えが、足りないという思考を作り上げてるのかもしれない

期待をするな!

他人には期待するな

特にお金が不足の時ほど気を付けないとその先に苦悩が待ち受けている

目の前の現金に心を奪われてしまうのだ

邪な考えがある限りその達成しないであろう言葉に

人の心は負けてしまう

営業が下手と言われればそこまでだが

口約束や軽いノリで買いますと云う言葉を、特に自営業の人は

鵜呑みにして信用しちゃダメ、勿論!期待もしてはダメです。

 

精神的問題

当店の今年に入ってからのお話なのですが、景気が悪いという理由で注文した商品のキャンセルが異常に増えてしまって

ペナルティーのお金の支払いが増えすぎてしまっている

そのペナルティー金もお客さんから取れていない状況

高額な商品などは特に入金確認後の発送を徹底していても

流石に取り置きの商品をキャンセルされたらこちら側だけがマイナス

それが当店の赤字の主な理由になり

契約している問屋さんからは契約の見直しと言われ

仕入れストップのお知らせと掛けのお金を全て支払わないと

これ以上仕入れは出来ませんと通達が先日来た

これを受けて当店は商品の販売をストップしないといけなくなり

売りたいものが仕入れできなくなってしまった。

数十万の支払いも出来ない店主は、もはや店主失格である

ビジネスのことを知らない無知な人間が商売をすると

こうなりますよの良いモデルケースになってしまった。

精神的問題は人の脳内計算も狂わせてしまうのである

 

人のためより自分の為

商売してると色んな事や色んな人に出会えます。

縁起物を持ってはいけない人も多々見てきました。

商品代金未払いで連絡が取れない人

平気でキャンセルしておきながら謝らない人

注文をして入金もせず連絡もくれない

1ヵ月後にあの商品は?と当たり前の様に連絡してくる人

こんな人達は縁起物を持っても良いことなんて起きるわけがない

ですが、それはその人の普通なんです。

普通とは、良くもないし悪くもない

それが普通なのです。

それを、とやかく云うことは、他人には出来ません

こちらが怒り心頭で連絡してもこちら側の怒りは伝わらないのです。

それこそ、そんな事ばかり考えていたら精神的問題になってしまいます。

私は今の商売を始めてから

仕入れのためと言いながら欲しい物も買えず、外食すら出来ず

家賃の心配をして

そんな事をしてまで他人に幸せを届けようとする行為は

最近は少し違うのかな?と思うようになってきました。

精神的問題

人のためよりまずは自分!

自分が豊かにならない限り他人に豊かさを送ることは出来ないのです。

豊かさとは、お金だけではなく心の豊かさ

心配事や不安といったものが無くなる心の動きが

豊かさなのではないかと私は解釈しております。

人生そして天命

生きて行くのが苦痛

これも精神的問題です。

自分自身を精神的に追い詰めて

自分の命を絶つ方が多いですね

私の知り合いの仕事仲間の方が、つい先日命を自ら絶ったそうです。

普段から自分の事や自分の行末の事を悲観するような言動をとっていて

周りの人も随分と心配していたそうです。

私も最近は、精神的に少し疲れてしまっているので

その亡くなってしまった方の気持ちが良く分かる

というか

そう出来るものなら自分もそうしたいものだと

そのお話を聞いて正直思いました。

生きるということは苦痛も伴うんです。

ですが人間にとって苦痛とは試練なんです。

精神的問題

試練・信仰・決心のかたさや実力などを厳しく試す事とあります。

この世で生きていく!そう決心して生まれてきたのですから

どんな苦痛や苦しみが、この身に起こっても

人生を全うしなければいけないのです。

食べる物が無くても、水道の供給が止まっても、電気の供給が止まっても

家賃が払えなくても

生きるしか無いのです。

美味しい食べ物を食べるだけが人生じゃない

高級車を乗り回すだけが人生じゃない

立派なマイホームを建てるだけが人生じゃない・・・

人生ってその人それぞれ与えられた人生と天命

その人生を平等、不平等と考えるのは少し違う

姿形はみな同じ人間ですが中身までは同じではないって事

それは、丸っ切り人それぞれ天命が違うと云うこと

何でアイツがあんな良い車に乗ってるんだ?と思う時もある

だけどそれが、その人の人生なんです。

ただその人の与えられたままの人生を生きてるだけ

なので貧乏でも、金持ちでも、それはその人の人生

それが神様に頂いた人生と天命なのです。

最後に

精神的問題と題して書かせていただきました。

本当に日々生きていくのが嫌になってしまう出来事が最近は多くて

先日、60過ぎのお客さんとの会話で

預金のお話になり私は貯金がないと云う発言に

「おかしい!50過ぎた人間が預金無いのはどう考えてもおかしい」

そう言われてショックを隠しきれませんでした。

預金がないのは自分が好き勝手に生きてきた代償なのは良く自分も

分かってます。

だけど私はココロの中で「お前のその腕にしてるブレスレットを街で売られてるくらいの値段で購入してくれたら預金だって出来るんだ!」

散々安く安くと云う方に限って人の懐事情を聞きたがる

もう10年以上も前からこんな商売をしてるんだから預金なんて出来る道理がない

ましてやお客さんがそんなに気に入ってるなら自分の預金を切り崩してでも身に付けて欲しい

そんな気持ちで商売やってたらいつかは破産してしまうよね

これも修行なのです。

毎日が修行と思い

損得関係なく生きて来たつもりです。

ただ無意識に自分の都合の良いことを考えてしまうことも有るでしょう

自分の都合は他人には通用しないということです。

お金の都合はお金に聞け

なのです。

ということでご贔屓にしてくださるお客さんには

申し訳無い気持ちでいっぱいです。

自分の不甲斐なさから招いてしまった今回の事案

復活できるように昼夜問わず一生懸命仕事をして

再開にどれくらい時間が掛かるのかは、今は不明ですが

再開の目処が付きましたら

SNS等でお知らせいたします。

宜しくお願い致します。

 

名刺から巨大看板のデザイン

サイン広告のデザイン・提案

ウオールアートのデザイン・施工の事なら

サインデザイナーが在籍するKumis工房に

お任せください

お客様の思いをデザインいたします。

ホームへ戻る↓

 

 

PAGE TOP