猫の変化を見逃さないように日々気を付けること

今朝方、我が家のニャンコが右後ろ足を引きずってるように感じに見えたので
抱き寄せて痛がる足を見たんだけど異常は見当たらない
散々夜中に騒ぎ走り回っていたので何でもないと思い
すぐに解放したんだけど、やはり足を引きずってるように見える
一瞬、病院行くか?そう思いましたが
しばらく様子を見ることに、見てるとやはり痛そう・・・
ご飯を食べて病院へ~と思ったら普通部歩いてる
我が家は、朝ごはんはニャンコと一緒に食べるので
ウエットのご飯を用意して呼ぶと普通にこちらへ向かってきて
何もなかったかのように食べ始める
猫の変化

大丈夫かな?と思い少し様子を見ていたら
高い所に飛び乗ろうとした時に少し痛い方の足をかばう感じで
着地をしていたので
心配性の私は、尚更気になり始めた。かと思えば人間も届かないような
押入れの一番上に登ったりしてます。
徐々に歩き方も普通に戻り今はお気に入りのハンモックで
ぐっすりと寝ています。捻挫なら患部が赤く腫れたりするんですがそれもなし、触ると嫌がる・・・
猫は痛みなんかを我慢するって聞いてるので捻挫は3~4日で良くなるそうなので3~4日様子を見て

それでも足を引きずる様なら獣医さんへ見てもらいに行こうと思います。

その結果をこちらにまた書いていこうと思いますので
ニャンコが家族の方の参考になれば幸いです。
捻挫だとしたらドジっ子だな~(笑)

午後から見たらまた後ろ足引きずってるようで
明日くらいには良くなってて欲しいなと思います。

この続きはまた明日書いていこうと思います
良くなってると良いんだけど・・・・

 

名刺から大型看板までのデザイン
ウオールペイントのデザイン・施工は
Kumis工房にお任せください。↓↓

 

PAGE TOP