差し出せば返ってくる

コンビニへ行こうと歩道を歩いていて
信号機のない横断歩道を渡ろうと左右確認して
渡ろうとしても、車は止まる気配なし・・
「おい!止まらないと違反だぞ」
そう思ったところで、車は止まらないよね
教習所でお勉強してやっと免許取得で
慣れてくると車が優先になっちゃうから
そんな事、覚えてないのね~って
そんな目くじら立てて怒ることでもないし
自ら手を下さなくてもちゃんと、罰せられる方向に行くから
私は、いちいち怒りません(笑)

きっと、そんな方は他人に道を譲って貰ったこともないし
横断歩道で、車に止まってもらったことも
ない人なんだと思います

引き寄せの法則は「与えたら返ってくるです」
ブーメランの法則です。良いと思うことも、悪いと思うことも
寸分狂わず、ちゃんと、自分の元へ返ってきます

なので、募金や寄付なんかをするお金持ちが多いんだと思います
中には税金対策で~(笑)なんて方も居ますけどね。

 

私の知り合いで面白い経験をした方がおりまして
魚釣りが好きなその方は、ある日早朝から釣りに行き
何時も通り、堤防で釣り糸を垂らしていたそうです。

その日は狙った魚は釣れず、的はずれな魚ばっかりで
ポイントをずらそうかどうか迷っていると
1匹の猫がどこからともなく現れて、初対面なのに凄い慣れしくその方の
足の周りをグルグルと周りはじめ
腹が減ってるのかと思い、的外れの魚の内臓を抜いて
そのニャンコに上げたそうです。
美味そうにその魚を食べていたニャンコなのですが
途中でどこかに走り去ってしまいました。
しばらくすると、さっきのニャンコが
何かを口に咥えてその方の方へやってきて
良く見ると子猫を咥えているんです。その方は、最初「子猫にも魚くれってか?」そう思い
さっきと同じ様に魚の内臓を抜いて子猫に上げようと思ったら
その親猫が食べてしまい
???ですよね(笑)何故?食わせたくて連れてきたんじゃないの?

食べ終わると

親猫が自分の足元でくつろいでいるので、その方も
じゃれ付く子猫と遊んでいて

そうしてる内にまた、大きなニャンコは子猫を置いてどこかへ
走り去ってしまったそうで、その方はおいおい~子猫忘れてるぞ!
そうは思いましたが、帰ってくるだろう
そう呑気にその子猫と遊んでいたら結局~
親猫は帰ってこず(笑)

結局~その方がその子猫を家に持って帰るんだけど・・・(笑)
面白いエピソードで
その方が13年飼っていたニャンコがその子猫と会う2ヶ月前に
亡くなっていて、落ち込んでいたそうで
新たに子猫家族に迎える気力もなく

そんな時にニャンコにご飯あげたら、もれなく子猫がついて来た(笑)
私も、そのニャンコに何回か会いましたが
非常にアグレッシブで私の体の生傷が絶えないくらいのニャンコでした(笑)
その方の寂しい心の気持ちを埋めてくれてる
大事な存在だそうです。

意味は違うかも知れませんが、与えたら返ってくるです

ニャンコがその方の気持ちを汲み取って

この人なら自分の大事な子供を託せる!
そう思ったのかもしれないですね。

言葉を交わさなくても分かることが有る

そんな出来事って素敵ですね。