鍛え方

非常時宣言も解除されて
なにはともあれ
自粛して我慢を強いられてたのでその反動も解除直後は
凄かった。そんな私は何時もと変わりない生活
週末に餃子を作り酒のお供や御飯のお供に美味しく食べていた。
先週末は豚の挽肉が売り切れだった為、鳥のひき肉と万能ネギそしてとろけるチーズのみの餃子
これがまた旨い(笑)
別に材料をケチってるわけではなく、純粋にあんは、これで十分
キャベツを入れても良いんだけど、後から出てくる水分がどうも苦手でうまく焼ききれない

鳥餃子はあっさりしててヘルシーな食感
次の日は豚ひき肉とニラで餃子を作り
ちょっと、変化が欲しくて、エビを入れてみた。
実は、近所のスーパーはバナメイエビがめちゃくちゃ安い
12尾位入っていて250円前後
そのエビを豚肉とニラで作ったあんの上に2センチ位に切って乗せて皮で包むだけ
これは~旨いね!エビ!絶妙
下手したらそこら辺の中華屋なんかで頼む餃子より旨いね(自画自賛)

ご飯好きならどんぶりで山盛りの飯が喰えそう(笑)
こうやって自炊しながら自分の舌を鍛えて
もっと、旨い何かを作れる様になると思う
まぁ~元々食い物作ることが好きでイタリアンレストランや和食屋とかでバイトして
料理作ってたこともあるから、飯作るのも苦じゃないしね
どちらかと言えば好きだし

作った餃子の写真を貼りたいんだけど、このブログ自体が
重くなっちゃうんだよね~
ってか写真撮る前に喰っちゃうし(笑)

餃子はたくさん作って冷凍しておくと食費も相当かからないし
本当に助かる食材
今日の朝も最後の鳥餃子食べたしね
後は、えび餃子を食すのが楽しみです。

さて、ここからが本題
心はどうやって鍛えたら強くなるか?
そんな事を最近、ぼや~っとした中で考えることが増えた
身体なら筋肉組織を鍛えたら強くなるし
脛なら何かをコツコツと当てて徐々に強くしていくとかで強くなるし
脛の鍛え方は、昔、空手を習いに道場へ通っていた時にやっていた鍛え方が
砂袋をひたすら蹴る、中身は砂なんだけど、蹴るとまるで石を蹴ってるように硬いし、脛なんてめちゃくちゃ痛くなる(笑)

しかし、心を強くするために心で砂袋やビール瓶を蹴ったり叩いたりは出来ないからね(笑)

やっぱり色んな経験が心の打撃となり、優しいさを感じさせてくれる打撃
憎しみを持つ打撃、悲しみを持つ打撃、嬉しさを持つ打撃
そんな経験を、おぎゃーとこの世に生を受けてから経験をしていき
心が形成されて行くのかな?
そんな考えになった
決して心が強い人間なんて居ない
そんな風に見えてもただ、弱さを見せないだけ

心が強いとか弱いとか
あまり口に出さない方が良いのかもね?

愛情が有れば心も傷まないし、優しさがあれば人を傷つけることもない
思いやりやその人に対しての個人的な思い込みは、時としてお節介と感じる人もいる
人との距離、これは、親子でも兄弟でも恋人でも友達でも
必要なのかも知れない

ソーシャルディスタンス
これは、ちょっと違う人との距離だけど
離れろ!あっち行け!マスクしろ!
他人様から発せられるこの言葉には愛情感じないな~

 

 

 

PAGE TOP